LuaLaTeX での余白の設定

LuaLaTeX での余白の設定方法についてメモ。

geometry パッケージ

LaTeX での余白の設定は geometry パッケージを使用するのが簡単です。
BXjscls パッケージを使用していれば geometry パッケージは自動的に読み込まれると思いますが、必要なら \usepackage{geometry} でパッケージを読み込みます。
そして、以下のような \geometry コマンドで余白を指定することができます。
(個人的な環境のせいなのか \usepackage のオプションで設定すると PDF に反映されない)

\geometry{top=5truemm,bottom=5truemm,inner=10truemm,outer=5truemm}

bxjsbook.cls などを使用して偶数・奇数ページでレイアウトが異なる場合は、左右の余白の設定に innerouter 引数を使用します。
綴じ代を考慮するなら inner の値を大きめに設定します。

コメント

Comments powered by Disqus
書籍更新情報
2016-10-21
Pythonによる科学技術計算 基礎編
PDF版の販売を開始しました。
販売ページはこちら

2016-09-09
Pythonによる科学技術計算 基礎編
1.2版への更新が可能になりました。
サポートページはこちら
電子書籍
Pythonによる科学技術計算 基礎編
Kindle ストア、Leanpubで販売中です
Pythonによる科学技術計算 基礎編
PDF版の販売はこちら
同人誌
技術書典(2016/6/25)
Emacs/org-modeのPDF作成術
電子版をBOOTHで販売中です
Emacs/org-modeのPDF作成術
Share