LuaLaTeX で unicode-math を使う場合の書体変更コマンド

LuaLaTeX の unicode-math パッケージを使う場合は、 \bm\boldsymbol コマンドで数式の書体を太字にすることはできません。
この場合、数式の書体を変更するには \symbf コマンドなどを使用します。
unicode-math での書体変更コマンドや、個人的なフォントの設定などについて整理しておきます。
unicode-math の使い方の詳細については 公式マニュアル を参照してください。

設定

フォント関係の設定は次のようにしています。
LuaLaTeX はフォントの設定が簡単なのが素敵です。

\usepackage{luatexja-otf}
\usepackage[ipaex,deluxe]{luatexja-preset}
\usepackage{unicode-math}

\setmainfont[Ligatures=TeX]{XITS}
\setsansfont[Ligatures=TeX]{TeX Gyre Heros}
\setmonofont[Ligatures=TeX]{Inconsolatazi4}
\unimathsetup{math-style=ISO,bold-style=ISO}
\setmathfont{xits-math.otf}
\setmathfont{xits-math.otf}[range={cal,bfcal},StylisticSet=1]

XITS は Times New Roman に似ており、ユニコード文字への対応もいいので使用しています。
なお、最後の行のコマンドは XITS で Caligraphic を使用しない場合は不要です。

\unimathsetup コマンドでラテン文字とギリシャ文字のデフォルトの Shape を設定できます。
math-style=ISO とすると、デフォルトのラテン文字とギリシャ文字が斜体になります。
また、 bold-style=ISO とすると、 \symbf でラテン文字とギリシャ文字が斜体の太字になります。
その他、 sans-style 引数により \symsf で書体が斜体になるか立体になるか選択できます。
デフォルトでは sans-style=italic で書体は斜体になります。

書体変更コマンド

上記の設定では、書体変更コマンドで次のように数式の書体を変更できます。

表1: math-style=ISO,bold-style=ISO,sans-style=italic の場合の書体変更コマンド
Style Shape Series コマンド xX \phi\Phi 01
Serif 立体 標準 \symup symup_x.png symup_phi.png symup_01.png
    太字 \symbfup symbfup_x.png symbfup_phi.png symbfup_01.png
  斜体 標準 \symit symit_x.png symit_phi.png symit_01.png
    太字 \symbfit (\symbf) symbfit_x.png symbfit_phi.png symbfit_01.png
Sans serif 立体 標準 \symsfup symsfup_x.png   symsfup_01.png
  斜体 標準 \symsfit (\symsf) symsfit_x.png   symsfit_01.png
  立体 太字 \symbfsfup symbfsfup_x.png symbfsfup_phi.png symbfsfup_01.png
  斜体 太字 \symbfsfit (\symbfsf) symbfsfit_x.png symbfsfit_phi.png symbfsfit_01.png
Typewriter 立体 標準 \symtt symtt_x.png   symtt_01.png
Double-struck 立体 標準 \symbb symbb_x.png   symbb_01.png
  斜体 標準 \symbbit 1 symbbit_x.png    
Script 立体 標準 \symscr symscr_x.png    
    太字 \symbfscr symbfscr_x.png    
Fraktur 立体 標準 \symfrak symfrak_x.png    
    太字 \symbffrak symbffrak_x.png    
Caligraphic 立体 標準 \symcal symcal_x.png    
    太字 \symbfcal symbfcal_x.png    

脚注:

1

\symbbit は Ddeij の 5 文字だけに対応しています。

コメント

Comments powered by Disqus
書籍更新情報
2016-10-21
Pythonによる科学技術計算 基礎編
PDF版の販売を開始しました。
販売ページはこちら

2016-09-09
Pythonによる科学技術計算 基礎編
1.2版への更新が可能になりました。
サポートページはこちら
電子書籍
Pythonによる科学技術計算 基礎編
Kindle ストア、Leanpubで販売中です
Pythonによる科学技術計算 基礎編
PDF版の販売はこちら
同人誌
技術書典(2016/6/25)
Emacs/org-modeのPDF作成術
電子版をBOOTHで販売中です
Emacs/org-modeのPDF作成術
Share