nlinum-mode で Emacs の行番号表示を軽くする

Emacs では標準添付の linum-mode でバッファの左側に行番号を表示することができます。 しかし、この linum-mode は非常に重いため、行数の多いバッファではとても使いものになりません。 ({Emacs}linum-mode を軽くする で紹介されている設定を行えば多少軽くなります) もしもバッファの左側に行番号を表示したい場合は、linum-mode を軽量化した nlinum-mode を使うことをおすすめします。 nlinum-mode でも行数が多いと動作が思いので行番号表示はやめました。

nlinum-mode のインストールと設定

nlium-mode のパッケージは Melpa からインストールできます。

M-x package-refresh-contents RET
M-x package-install RET nlinum RET

設定方法は linum-mode とほぼ同じです。

;; バッファの左側に行番号を表示する
(global-nlinum-mode t)
;; 5 桁分の表示領域を確保する
(setq nlinum-format "%5d ")
nlinum.png

コメント

Comments powered by Disqus
書籍更新情報
2017-02-18
Pythonによる科学技術計算 基礎編
1.4版への更新が可能になりました。
サポートページはこちら
電子書籍
Pythonによる科学技術計算 基礎編
電子書籍
線形代数(1): Pythonによる科学技術計算 実践編